大阪の未来構想

政治行政(都構想など)

大阪市視点で見れば、地下鉄を市外に延伸しないのはごく当然だ

北・北改札? 2018年の4月に大阪市営地下鉄は民営化され、大阪メトロとして再出発を果たした。 民営化以前から外部の経営者を取締役に登用するなど組織改革を進めており、民営化以前から職員のお客様対応が改善されたり、駅のトイレの美化が進...
他の都市(東京など)

大阪=汚いという型にハマり倒した報道しかできない東京のメディア

(大阪以外では認知度が低い)川と高層ビルが織りなす中之島の風景 「大阪」と言われて全国の人々が即座に頭に浮かぶ光景はどのようなものだろうか? 恐らく99%の人が下のような光景をイメージするのだろう。 これはこれでド...
政治行政(都構想など)

大阪維新の会がこれだけの改革を進められた特殊な理由

橋下徹元大阪府知事が2010年春に設立した「大阪維新の会」。日本第二の都市である大阪を拠点とする地域政党であり、国政政党としては日本維新の会と名前を変える。 大阪に住んでいれば嫌でも耳にする政党だが、関西をちょっとでも出ると維新とは何...
政治行政(都構想など)

大阪都構想。一度否決されてむしろ良かったのでは?

2015年5月17日に行われた住民投票で一度否決された大阪都構想。 大阪市の解体を阻止した!と喜ぶ人もいれば、大阪の成長が止まったとして絶望した人もいたはずだ。 そんな賛否両論の都構想だが、私は都構想賛成派である。大阪が発展する...
政治行政(都構想など)

あらゆる部分で負担を強いられている大阪市

大阪に住んでいる人はこれまで、大阪市と大阪府の違いを意識することはほとんどなかった。 むしろ北摂や芦屋といったお金持ちな地域に住む方がステータスで、市内が必ずしも優れているというイメージはなく、だからといって都心を馬鹿にする風潮は微塵...
政治行政(都構想など)

「大阪都構想で大阪市民が損をする」は本当だろうか

大阪都構想の賛成派と反対派が真っ向から対立する論点の一つに、「大阪都構想で大阪市は税金を奪われて損をするか否か」がある。 大阪市民にとっては自分たちが支払っている貴重な税金なので、取られ損は嫌であるし、大阪都構想の賛否を決めるうえで重...
経済

民営化後の大阪メトロが凄まじく暴れている話(2019年4月中期経営計画より)

こんにちは。 昨年2018年4月1日に大阪市営交通局から大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)として民営化した大阪メトロ。 地下駅のホームを改装するとして発表した計画で、一部の駅の趣味が悪すぎるなどと批判を...
政治行政(都構想など)

大阪都構想が実現したら名称は「大阪都」に変更すべきか?

出直しダブル選で演説する松井吉村両氏(4月6日難波駅前) 最近10年近くずっと大阪で話題になっている大阪都構想。 まずは制度について議論をして、その後、府議会と市議会両方で過半数の賛成を得て、住民投票でさらに過半数以上の賛成を得る必...
他の都市(東京など)

大阪と東京の違い。大阪という都市が持つ強みとは

私は生まれも育ちも大阪で、小さい頃は大阪市内に住んでいて小学校進学を機に北摂に住むことになった。 その後、大学進学を機に東京に上京した。一度東京に出ると生まれ故郷にはなかなか戻らないというが、現代日本の就活システムでは東京で就...
政治行政(都構想など)

大阪都構想の心臓部分である税制「都区財政調整制度」とは

都区財政調整制度のイメージ図(筆者作成) 都構想を議論するときに出てくる”特別区”。 特別区とは大阪市を再編したときに設置される市町村のようなもので、合計で4つ設置される。 ここで発生する疑問があるとしたら、おそらくど...